お知らせ

お知らせ詳細

大学入試改革が「尻すぼみ?」


★「複数回」「合教科」先送りへ。

 

2020年度から変わる「大学入試」制度ですが、当初に文部科学省が目指した「記述式問題」の導入は決まったものの、試験の「複数回実施」や複数の教科を合わせた「合教科」については、先送りとされたようです。

「センター試験改革」「脱一発勝負・脱1点刻み」を目標に進められてきましたが、文部科学省の「有識者会議」の報告によると、最初の目標とはだいぶかけ離れた内容になりそうです。

これは実際にテストを実施する高校側からの意見を反映したためらしいです。

 

高校側にしてみれば、「複数回の実施」は入試時期を早めることになり、授業の進度に支障が出てくることになってしまいます。

また「合教科」になると授業で指導する科目の「枠を超える出題」を心配する声も出ていたそうです。

 

「文部科学省」内では答申時から今回の報告について「マイナーチェンジ」にとどまるという見方があったそうです。

 

大きな掛け声で始まった「入試改革」ですが、受験生たちが一番正当な評価を受けて「納得できる内容」にしてもらいたいものですね。

 

 

別指導WISH 海老名校

住所
〒243-0405
神奈川県海老名市国分南 3-3-13 城下ビル3F

アクセス
JR相模線・相模鉄道線・小田急線 
海老名駅から徒歩8分

TEL 046-236-0095

facebookページはこちら
http://on.fb.me/1MhXeex