WISHのつよみ

指導システム

1. 定期テストカリキュラム

WISH 海老名教室では合格するために必要な学力と成績向上のためにお子さまにあった専用カリキュラムをお作りするので、お子さまにあった進度で目標を達成することができます。

2. 4つの自由

① 曜日自由-習い事との両立が可能なように予定を考慮致します。

② 時間自由-負担に感じないよう予定を考慮した授業時間をお選び頂けます。

③ 教科自由-苦手教科などサポートが必要な教科をお選び頂け、成績が良くなれば他の教科へ変更可能です。

④ 回数自由-回数は必要な数だけ自由に決めることができます。

3. 担当制度

お子さまの雰囲気や話しやすさなど相性を考え、お子さまに適した講師が担当となりますので、安心して授業をお受け頂けます。

4. 振替制度

体調不良や、習い事などでお休みをする場合は振替が可能なので進度の遅れは取り戻すことが出来ます。※諸規則がございます。

5. 自習制度

塾だけではなく学校の宿題、提出物などの勉強など自習席を使ってのお勉強が可能です。ただし予約制となっております。

6. 無料補講

定期テストの前に受講回数に応じて、無料でテスト対策の授業を受けられるようになっています。週に2回通っている方は2回、週に3回通っている方は3回の無料補講を受けることができます。受講科目は自由ですので、普段受講していない理科や社会、さらに音楽などの技能科目を受講することもできます。自習と併用することで、主要5科目の対策ができるようになっています。

7. 提出物対策

成績アップの為にはテスト以外の努力も必要です。ご希望であれば9教科の提出物のお手伝いや検定試験対策も行い、テスト以外での成績アップのフォローを行っていきます。

入試対策

1. 入試説明会・個別進路相談

前年度の入試結果報告と次年度の制度解説、傾向予測を致します。
周辺の学校の傾向や紹介を毎年受験前に行っております。
個別学習相談では入試説明会では伝えきれない“個別の”情報提供と提案を致します。志望校や目標達成のために現在の内申点や学力を考慮し、入試で合格するまでには何が必要なのかと具体的なご相談を受付けております。他にはまだ志望校自体が決まってないお子さまには、その子の将来の目的、好きな事、性格に合いそうな学校を紹介いたします。

2. 評定・内申点対策

現在の高校受験や、大学の推薦受験では学校の成績が非常に重要になってきています。成績は単にテストの点数だけでなく、学校での授業態度や提出物の状況などを総合して判断されます。WISHでは単にテスト対策を行うだけではなく、それらを総合的にフォローして、成績アップを目指します。

3. 過去問/傾向対策

神奈川県の高校入試の傾向は近年大きく変わって、より考えさせる問題の比重が高くなってきました。学校の定期テスト対策だけでなく、変化し続ける入試を意識した対策も同時に進めていきます。各種模擬試験や入試予想問題指導、自習を活用して入試の予想問題を解く「過去問ラリー」など、限られた時間を有効に活用してサポートを進め、お子様がデータに基づいた合格目標点に届くように指導いたします。

4. 面接トレーニング

中学、高校、大学において、公立、私立を問わずあらゆる受験で面接試験が実施されますが、その内容はほぼ学校に応じて決まっています。合格するためには面接時に明確な志望理由を自分の言葉で表現する必要があります。WISHでは学校ごとの質問の傾向を分析し、お子様との練習を繰り返すことで自信を持って面接に望めるように指導いたします。

個別指導メソッド

  • スモールステップ学習

    問題の疑問点を生徒に適した形で分解して、解説、演習確認を行うので「できた!わかった!」の理解度が違います。

  • 成功体験積み上げ学習法

    得点につながりやすく、重要度が高いものを見抜くことで学習に優先順位をつけて無駄なく、効率的に学習を進めていきますので成功体験が増え、自信がつきます。

  • ピンポイント弱点補強学習法

    弱点をピンポイントで学習することで同じ傾向の問題をやさしく解きやすい問題から入り、難易度が高い問題が解けるようにします。

  • 遡り学習法

    過去の傾向苦手バターンから遡り、いつでも解けるかチェックをします。期末テストなどの範囲は3~4ヵ月と長い期間の学習成果の振り返りを怠りません。

  • アウトプット重点学習法

    覚えていたのにテスト本番では出てこない。そんな本番に頭の中にある情報をすぐに引き出す訓練によって問題への対処が行えるようになります。ただ覚えただけでは点数はあがりません。

  • 論理的思考指導

    問題が求めていることを迅速に掴むことは非常に重要です。表現が違う問題でも何を求めているかが掴めれば解決の糸口を見つけてすぐに回答方法、回答が導き出せる力を育てます。

個別指導メソッドが効果的な理由

公立高校入試制度

2013年より新しい入試制度となり主な内容は下記の通りになります。

【選抜機会】

◆ 選抜機会は1回(前期・後期を統合)に変更で、全員に筆記試験と面接が課せられる。

【学力試験】

◆ 一部実施の独自入試を廃止し、全員共通問題を受ける
◆ 試験は記述式の問題を重点的に出題し、各教科50分、100点満点で実施する
◆ 2教科の範囲で重点化ができる

【面接】

◆ 面接は2人以上の面接担当者による個人面接で、受験者1人あたり10分程度で、
志願時に面接シートを提出する
◆ 調査書(内申)は「評定(成績)」のみを評価され、(調査書:学力試験:面接)の
採点配分は学校ごとに決められる
◆ 学校によっては調査書+学力試験+面接に加え、「特色検査」を実施する

新たな入試制度で重視される点は論理的な思考力になり、相対的に差がつきやすい入試となっています。
従来の入試対策ではこの倫理的な思考力は対応することができません。
なぜなら選択問題中心の問題構成から大きく変わり、暗記中心の勉強では短時間でこの論理的思考力が見に付かないからです。

論理的な思考力が向上する個別指導メソッドはまさに今の入試制度に適した指導方法です!

学習環境

学校別、学年別テスト対策

同じ学校でも、年度や作成者によってテストの傾向が違ってきます。出題の仕方が変われば解き方や答え方まで変わってきます。また神奈川県の入試傾向の変化に伴い、定期テストの内容にも大きな変化が出てきました。読解力(文章を正確に読み取る力)・思考力(答えにたどり着くまでの過程を考える力・表やグラフが示す内容を噛み砕く力)・表現力(自分の考えを文章にして、指定されている通りの答え方で書く力)を問われる傾向が強くなってきました。WISHでは地域に密着している利点を活かし、学校ごとの過去の出題傾向を参考にテスト対策を行っていきます。

連絡帳制度

お子様の授業の内容を毎回書面でご報告いたします。授業態度や遅刻の有無、宿題の達成率や学習単元の課題とその対策などをお伝えし、お子様の成長過程をご覧いただけるようになっています。授業終了時にお子様にお渡しして、ファイルへ保存していただいているので、その日のうちに保護者の方にご確認いただけるシステムになっています。

個別学習面談

学習進度や定着具合など、日ごろのWISHの取り組みやお子様のご様子を直接の面談という形でご報告させていただいております。面談は各学期に定期的に実施しておりますが、ご要望があれば随時承っておりますので、ご要望やお悩みについて、いつでもお伺いできるシステムになっておりますので、お気軽にご相談下さい。

模擬試験

受験生のための会場模擬テストと、WISHの教室で受けられる塾内テストの2種類を用意しています。会場模擬テストでは、学力測定や志望校の合否判断だけでなく、普段とは違った会場で緊張感を持って長時間試験を受けることに慣れていただきます。テスト終了後には解説授業も可能です。そのため”本来なら何点取れていたか“という確認もでき、その後の学習指導の参考にさせていただきます。

検定試験サポート

WISHでは「英検・漢検」の試験を受けられるようになっています。どちらも公認の資格として、入試や就職などにも役立ち、合格証を取り成功体験を積むことで、学習した内容に手ごたえを感じることができるため、皆さんにお勧めしています。どちらも出題傾向が決まっているので、合格点を取るための対策がしやすいことから、WISHでは専用の「対策授業」もご用意していますので、安心して勉強の取り組み方から学ぶことができます。

季節講習

学校の通常授業が止まっている長期休みは、日ごろなかなか復習できない単元に取り組んで、基礎学力の定着を目指します。非常に重要な学習期間と成りますので、皆さんに参加していただいています。WISHではお子様の現在の成績や学力、志望校や目標に合わせて、必要な内容を受講できるようになっています。科目や回数、スケジュールは個別に設定いたします。

提出物フォロー・自習制度

学校の成績はテストの点数だけでなく、日ごろの授業態度や姿勢、授業に対する感心、意欲、それに提出物の完成度などで総合的に判断されます。WISHではその中でも比重の高い提出物についてのフォローをいたします。1人ではなかなか取り組めないような、自由研究や読書感想文などもアドバイスいたしますので、受講科目にかかわらずご相談下さい。

お電話・メールでの各種お問い合わせはコチラから